Mark

Wind Memoir


- 風の回想記 -

Installation



Chair version (2019)



Chair version (2018)




Bed version (2017)








‘Wind’ is used within music, poetry and verbal expressions as a metaphor for emotions and love. Especially within the field of Japanese Phenomenology, with its concept of ‘Qi - ’, wind is connected to emotions and love. The memories of our past lovers can be recollected - rather than visually - as sensations of wind and temperature on the body. Therefore the personal love memories of the artist are translated into ‘wind’. In order translate these memoires, the artist developed a notation system to compose wind and temperature sensations on the body, a ‘wind score’. This ‘wind score’ is derived from the structure of a musical score. This artwork is an installation in which the artist’s personal wind score can be experienced.

First the use enters the interior space of the installation. In order to feel the wind sensation on the body, the user takes of his/her coat then lies on the placed futon facing the machine. When the user lies down the lights slowly dim until the space becomes pitch black. From this point the machine next to the user’s side starts producing wind that can be felt on the user’s head and chest. The wind changes in intensity, temperature and locations of where it can be felt on the body. This sequence of wind sensations is based on the ‘Wind Score’ that expresses the artist’s personal love memoires.
全世界的に、「風」は詩や音楽を含む言語表現において感情と恋愛のメタフ ァーとして使われる。特に、日本においては現象学(例:「気」の概念)の領域 で、「風」は恋愛や感情とつながっている。恋愛の記憶は、視覚的な体験によ る と い う よ り も む し ろ 、風 に よ る 皮 膚 感 覚 と し て 個 人 的 に 想 起 さ れ る こ と か ら、自分の極私的な恋愛の回想記を「風」の感覚に翻訳し、そのリズムの楽譜 ともいえる「風譜」を開発した。本作品は、「風」と体感温度を組み合わせるこ とによって、パーソナルな「風譜」を身体的に体験可能にする個室型のインス
タレーションである。

作品を体験するために、まず鑑賞者は個室のようなインスタレーション空間 の内部に入る。作品内部には布団(マットレス)があり、風を全身で体験する ため、鑑賞者は上着を脱いでから布団の上に横たわる。鑑賞者が横たわる と、照明が徐々に暗くなり、横に設置している装置から、頭と胸に向かって風 が吹き始める。時間が経つにつれて、風力と風の温度が、恋愛の物語を表現 する「風譜」に従って次第に変化していく。体験時間は3分程度となる。





© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎