Mark

UNTITLED (SWING)


installation, 2019





UNITITLED (SWING)”is a swing-shaped interactive work. The seats of this piece are covered with razor blades. Fluorescent lights, placed on the ceiling, light up these razor blades as soon as the audience passes in front of the work. Together with the blinking of the lights, the so-called “mosquito” high-frequency sound fills up the space. This sound is mainly audible by the youth, and is sometimes used in Japan to expel young people from public spaces, such as parks. As the artist has experienced this “mosquito” sound several times in Tokyo, and that led him to focus on the paradoxical situation of a hostile, open, public space ─ he calls such a condition “hostile intimacy”. This installation is comprised of “cold” elements such as swings for kids covered by razor blades, fluorescent lights, high-frequency sound. It begs to question and reconsider the complex and oscillating boundary between inclusiveness and exclusiveness surrounding us through a point of view of “intimacy”, which is often used in “warm” connotations.
《UNITITLED (SWING)》は、ブランコ型のインタラクティブ作品です。このブランコの座席部分は、剃刀の刃で覆われています。天井部分には蛍光灯がついており、鑑賞者が作品の前を通ると、この蛍光灯が点灯しこの剃刀の刃を照らし出します。そして蛍光灯の点灯と同時に、「モスキート」と呼ばれる高周波の不快音が空間に響きます。これは主に若年層にのみ聞こえる不快音であり、国内でも若者を公園などの公共空間から撃退するため夜間に使用されるケースがあります。作家は東京での生活の中で実際にこのモスキートをしばしば体験してきたことから、開かれた空間であるはずの公共空間が逆説的に「敵対性」を生み出していくことに着目し、こうした状況を「敵対的なインティマシー Hostile Intimacy」と呼びます。刃に覆われた子供用のブランコ、明滅する蛍光灯、高周波音といった「冷たい」要素によって構成される本インスタレーションは、「公共」と「私」の敵対的な関係を、しばしば「温かい」意味合いで肯定的に用いられる「インティマシー」という正反対の観点を通して見つめることで、私達をとりまく包摂と排除の揺れ動く複雑な境界の再考をうながします。







© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎