Thermomacy


by Kenji Hirasawa



curation

Shibuya Crossing, Tokyo 2022












【Curatorial Statement】
Thermographic photographer Kenji Hirasawa has shown his deep and hyper personal work in Shibuya Crossing, Tokyo’s most public and commercial place. For a week his photographs were screened on three giant screens surrounding the world-famous landmark: Tokyo’s answer to Times Square. Although originally commissioned by Shibuya Fashion week, the work is all about substance rather than looks.

The three thermographic photographs—photo’s that show temperature instead of light—were revealed for the first time, 10 years after they were shot. They show the heat of the hand of his former lover in three stages. The first as a lover in his bed; the second is after her passing with the heat print of a relative left on her hand; and the third is after that heat print has cooled off. Each ten minutes this work on love and loss was shown for 15 seconds within a chaos of advertisements. Within these fleeting 15 seconds, they show how absence and coexistence are inseparably intertwined with heat. And how our perception of heat, substantiates our feeling of intimacy. The work is an homage to Félix González-Torres and his billboards showing an empty bed. ‘Thermomacy’ was curated by Vincent Ruijters, an artist/curator who researches ‘intimacy as aesthetics’.

【Date】
15th – 22nd March 2022

【Screening Time】
Daily between 9:00 and 23:00, the artwork will be screening once between 5 to 10 minutes past the hour, every hour.

【Location】
Q’S EYE | QFRONT, 21-6 Udagawacho, Shibuya-ku, Tokyo
Shibuya station square vision | Shibuya station front building, 2-3-1 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo
【キュラトリアル・ステートメント】
サーモグラフィ写真家、平沢健二は、東京で最も公共的で商業的な場所である渋谷交差点で、彼自身の人生に関わる出来事の真髄、超個人的領域に迫る作品を展示しました。世界的を代表するランドマークにそびえる3つの巨大スクリーンで、1週間にわたり彼の写真作品が上映されました。元来、渋谷ファッションウィークの依頼に向けて制作されたものでしたが、この作品はヴィジュアルそのものより更に、写真に残すに至った経緯やその成り立ちにより焦点を当てています。

通常の写真に写る光源や明暗の移り変わりを、色のうねりによってその温度を表すサーモグラフィ写真3枚。これらは撮影から10年を経て、初めて公開されました。平沢氏のかつての恋人の手の熱を、3段階に分けて映し出しています。1枚目はベッドにいる恋人、2枚目は彼女が亡くなった後、手に触れた親族の熱紋がわずかに残っている状態、その熱紋が冷めたあとのシーンが3枚目です。愛と喪失に係るこの作品らは、スクリーン上では10分ごと、乱雑で目まぐるしい広告の中で15秒間上映されました。この15秒という短い時間の中で、不在/共存に左右される熱と不可分がいかに密接に絡み合っているかを示しているのです。また、鑑賞者である私たちが平沢氏の熱感覚に親密性を覚えることで、我々が息づき日常を過ごす最中の本質を今一度見つめ直すことができるのです。この作品は、フェリックス・ゴンサレス=トレスと、空のベッドを示す彼のビルボードへのオマージュであり、「Thermomacy」は、「美学としての親密さ」を研究するアーティスト/キュレーターのヴィンセント・ライタスがキュレーションを担当しました。

【展示期間】
2022年3月15日〜22日

【放映時刻】
9時〜23時台の毎時5分〜10分の間に1回

【場所】
Q’S EYE|東京都渋谷区宇田川町21-6 QFRONT
渋谷駅前ビジョン|東京都渋谷区道玄坂2-3-1 渋谷駅前ビル



© 2022 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎