Mark



Tactile Echo consists out of four reflective hemispheres that appear to hang in space. The hemispheres together form a three-dimensional echo. The work allows the viewer to reflect on the fact that music consists out of vibrations that move through space. The first hemisphere is the source of the echo, the instrument. When a participant comes into contact with the instrument, the other three hemispheres each create a unique musical echo based on this contact. The viewer gets to hear the musical echoes and can feel the vibrations on the other three hemispheres. Literally a tangible echo in space.

Concept & Design : Vincent Ruijters & Wijnand Veneberg

Electronics : Roald Joosen

Exhibitions

Fiber Festival
15 Jan. 2011
TROUW, Amsterdam, NL

Freemote festival
28, 29 Oct. 2010
Utrechts Archief, Utrecht, NL

FruitFest festival
26 June 2010
Huis a/d Werf, Utrecht, NL

Music and Art Days festival
26,28,29,30 May 2010
Vredenburg Leeuwenbergh, Utrecht, NL

クラシック音 楽フェスティバルのために、「Tactile Echo」と いうインタラクティブインスタレーションを作りました。コンサートで音楽も視聴覚で体験できました。それで、逆に作品の半球を触ると触知覚で音楽が体験できました。「Tactile Echo」をきっかけに、「ハプティックス」を興味になってきま した。「ハプティックス」は人が作品を触る事ができるというです。

展覧会

2010年 [蘭]FruitFestフェスティバル(Huisa.d.Werf文化センター)
2010年 [蘭 ]Freemoteアートアンドテクノロジーフェスティバ ル(ユトレヒトのアーカイブ)
2010年 [蘭 ]Music&ArtDaysクラシック音楽フェスティバル (Leeuweberg教会)
2011年 [蘭 ] Fiberアートアンドテクノロジーフェスティバル (TROUWアムステルダム)

© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎