Mark

Dynamics of Mass Connectivity


interactive installation, 2019

DyDf




DYNAMICS OF MASS CONNECTIVITY is an interactive installation with three monitors revolving on a pole axis. The monitors display different video chat conversations with close members of the artist’s social circle. As the audience walks towards the work, the speed of the revolving monitors increase, and therefore it is not able to distinguish the faces on the monitors. This work aims to show the noise and the absence of communication caused by the excess of overwhelming communication via information technology. On the other hand, in addition to showing virtual communication overflow.
《DYNAMICS OF MASS CONNECTIVITY」は、3面モニターのインタラクティブ・インスタレーションです。1つのポールを中心として3面に別々のモニターがついて回転しており、国内外の作家と親しい人物がビデオ通話している様子が映し出されています。鑑賞者が作品に近づくに従って、このモニターが回転速度は上昇し、モニターに映し出されている人の顔は判別不可能になります。また、3画面の多言語による声は重なり、ポリフォニーとなることで、それぞれが何を話しているのかも聞き取ることができなくなります。本作では、情報テクノロジーによって媒介されるコミュニケーションの過剰によって、親密な会話ですら逆説的にノイズ化し不在化していく様相が示されています。




© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎