Dynamics of Mass Connectivity


interactive installation, 2019

Tripod version / 三脚バージョン




Video: Azusa Matsuda

Photo: Ujin Matsuo

Pole version / ポールバージョン




Video: Azusa Matsuda

Photo: Kento Terada & Ujin Matsuo

Tripod version
Materials: Wood,Stainless Steel, Aluminium, Iron Size: W 91cm D 79cm H 178cm

Pole version
Materials: Stainless Steel, Aluminium, Iron Size: W 35cm D 35cm H 350cm

‘DYNAMICS OF MASS CONNECTIVITY’ is an interactive installation with three displays revolving on a pole axis. Each monitor shows video conversations the artist had with friends and family living across the globe. They speak in Dutch, Japanese and English. When the audience approaches the artwork, the three displays start revolving slowly. As the audience gets nearer, the revolution speed of the monitors increase, while the video conversations shown on the display switch at a higher frequency. In close proximity to the artwork, the displays revolve at such a high speed, and the videos switch at such a high frequency, that the speech and faces from the video conversations become unrecognizable and inseparable. The faces shown on the displays blend into each other and become semi-holographic. This forms an indistinguishable, ever changing, chaotic and fractioned face.

The work contemplates the phenomena of the virtual communication that is engrained in our daily life experience. Compared to physical communication, virtual communication has different interval and proximity dynamics. This work aims to show the ‘Intimate Dissonancy’ and noise caused by this shift.

The artwork was completed a shortly before the outbreak of the Covid-19 pandemic and has become more relevant since the outbreak. However, for Ruijters, daily video conversations were a reality long before Covid-19. This is because Ruijters comes from a Dutch father and a Chinese-Indonesian mother; raised in Holland and living in Japan throughout his twenties. This is reflected in the diverse languages and ethnicities appearing in the video conversations. The artists relation to his mixed ancestry and fractioned ethnic identity forms the second layer of the artwork.  It is an expression of the struggle of self-perception for someone with mixed ancestry or a complex identity. A struggle of simultaneously viewing something fractioned as singular.

Two versions of this work are available: 'Tripod Version' and 'Pole Version.
【三脚バージョン】
素 材 : 木材、ス テ ン レ ス ス チ ー ル 、ア ル ミ 、鉄 、
サイズ:幅 91cm 奥行 79cm 高さ 178cm

【ポールバージョン】
素 材 : ス テ ン レ ス ス チ ー ル 、ア ル ミ 、鉄 、 サイズ:幅 35cm 奥行 35cm 高さ 350cm

《Dynamics of Mass Connectivity》は、3面モニターのインタラクティブ・ インスタレーションである。1つのポール支柱を中心として3面に別々のモニターがついて回転しており、国内外在住の作家と親しい人物がビデオ通話している様子が映し 出されている。鑑賞者が作品に近づくに従って、このモニターの回転速度は 上昇し、モニターに映し出されている人の顔は徐々に判別不可能になる。また、3 画面の多言語による声は重なり、ポリフォニーとなることで、それぞれが何を話 しているのかを聞き取ることができなくなる。本作では、情報テクノロジーに よって媒介されるコミュニケーションの過剰によって、親密な会話ですら逆説的 にノイズ化し不在化していく様相が示されている。

この作品では、距離感は、アートオブジェクトと訪問者の間の相互作用における重要な変数である。ビデオ会話のはモニタを挟んだ両端の仲間の「近さ」を象徴している。鑑賞者が作品に近づくと、作品をに通しての不協和的なインティマシーの体感が強くなる。最初ビデオ会話はフレンドリーでインティメイトだが徐々に不気味で混雑的なカオスの形へと変貌し変わっていく。

この一連の出来事は、ソーシャルメディアが私たちの生活に与える影響でたびたび発生する不協和的なインティマシーのメタファーである。《Dynamics of Mass Connectivity》には不協和的なインティマシーが美学的な面だけではなく、現代に生きる私達が不意に直面する、SNSの使用を通して現れる不協和的なインティマシー、複雑なアイデンティティから発生する不協和的なインティマシーなども参照している。

Sound Design: Hideki Umezawa
Programming: Jinwoong Kim
Monitor video: René te Riele

Exhibitions
2019 Tokyo University of the Arts Doctoral Program Final Exhibition, The University Museum, Tokyo (Tripod version)
2019 Solo Exhibition Vincent Ruijters: Breathing IN/EX-terior, Komagome SOKO, Tokyo (Pole version)

Press
“Bijutsu Techo” June Issue, Artist Pickup: Vincent Ruijters 2019/7/5



© 2021 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎