Materials: PUR foam, glass, plastics, hairgel Size: W 400cm D400cm H160cm

Tactile Echo consists out of four reflective hemispheres that appear to hang in space. The hemispheres togeth- er form a three-dimensional echo. The work allows the viewer to reflect on the fact that music consists out of vibrations that move through space. The first hemi- sphere is the source of the echo, the instrument. When a participant comes into contact with the instrument, the other three hemispheres each create a unique mu- sical echo based on this contact. The viewer gets to hear the musical echoes and can feel the vibrations on the other three hemispheres. Literally a tangible echo in space.

素 材 : 組 立 フ ォ ー ム 剤 、ガ ラ ス 、プ ラ ス チ ッ ク 、 ヘ ア ジ ェ ル サイズ:幅 400cm 奥行 400cm 高さ 160cm

「 T w e e t a k t 演 劇 祭 」で は 、イ ン タ ラ ク テ ィ ブ イ ン ス タ レ ー シ ョ ン を 作 成 す る よ う に 求 め ら れ 、子 供 が 自 分 の ビ ー 玉 を 作成できるデジタルおよびアナログのビー玉のレーンを 構 築 し ま し た 。ビ ー 玉 が こ れ ら の テ ス ト に す べ て 合 格 し た 場 合 、訪 問 者 は ビ ー 玉 を 家 に 持 ち 帰 る こ と が で き ま す 。 デジタルビー玉のレーンは8日間オランダでのノイデ広 場で展示されていました。ユトレヒト1週間で全年齢の約 2800人の子供がビー玉の小道を訪れ、約15キロのビー 玉が使用されました。

Concept & Design: Vincent Ruijters
Concept & Electronics: Jelle van der Ster
Concept: Levien Nordeman
Photography: Marijke Vlaar

Exhitibion
Tweetakt Theater Festival, March 2010, Neude, Utrecht, NL

© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎