Mark

Breathing Paper


installation, 2019




Breathing Paper” is composed of various objects from notebooks of the artist gained after moving to Japan hung on laundry hangers. They include an accumulation of “I” such as notes, sketches, texts or poems. This work also gently rotates with wind blows, and from a light bulb at the center of the hangers, projects shadows of the artist’s “I”. While the work might give a kitsch and vulnerable impression, the drawings show however a theoretical analysis that challenges a model of the private/public relationship. Amidst clumsy movements of the hangers, the drawings imply an artistic practice resulting from observations of daily life of Japan. Since, structurally speaking, the power source of the rotation comes from the very fragile papers receiving the wind, the dynamics of “intimacy” circulating between a physical sense of the wind and ordinary private life is presented as an organic but systematic structure.
《Breathing Paper》は、作家が日本に拠点を移してからスケッチブックに書き溜めている、メモ書き、スケッチ、テキスト、詩などのドローイングやコラージュ、日々の生活を写し取ったスナップといった作家の「私」の集積といえるオブジェを、洗濯物用ハンガーに吊るした作品です。この作品もまた風によりゆるやかに回転しつつ、中央に吊るされている電球の光によって、作家の影を投影します。キッチュで脆弱な印象を与えながらも、吊るされるドローイングには「私」と公共の関係を図式化しようとする理論的分析が含まれており、繰り返される国内の日々の生活を客観的に観察しようとする作家のプラクティスが、ハンガーのぎこちない回転の中に内包されています。そして作品の構造上、回転の動力源となる「風」を受けているのはまさにそうした脆いドローイング群であるため、風の身体感覚と日々の私生活の「インティメイト」な循環運動が、システマチックでありながらどこか有機的な構造体として提示されます。



© 2019 Vincent Ruijters All Rights Reserved.  
︎   ︎  ︎   ︎